FC2ブログ

プロフィール

letsdansh

Author:letsdansh
アルコール依存症になって、通院治療~2014年に2か月の入院治療、退院後もSLIPと断酒を繰り返しながら、何とか節酒でアルコールと付き合えないか模索しつつ、2017年に再入院して、節酒を断念しました。
今度こそ、断酒を敢行できるでしょうか。同じような悩みを抱えている皆さんと一緒に断酒に励んでいきたいと思っています。よろしくお願いします。

断酒日数

さぁ、断酒1年が過ぎました! これを通過点としてがんばります!!

最新コメント

最新記事

カテゴリ

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

訪問アクセス数

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

飲み会に出るのがつらくなっているボク

春は別れの季節でもありまして、
この3月、趣味のアウトドアスポーツの友人の一人が、東京に出ていくことになりました。
ボクから見れば娘といってもおかしくないぐらいの年の女の子なんですけど、とても気立てのいい美人のかわいい娘さんで、仲間内ではとっても人気のある子でした。

今回彼女はご結婚することになって、それを機に東京に出ることになったので、さびしくはありますがとてもおめでたいお話ですので、「じゃぁ盛大に送別会もやらなくっちゃ!」ということで、行き掛かり上、ボクが幹事になって、送別会の段取りをしました。
アル中が、久しぶりに飲み会のセッティングをすることになったわけです。

日程を決めたり、ざっくりとした大きな呼びかけはボクがしましたが、実際のお店の選定や予約、細かい出席者のとりまとめなんかは下請けにお願いしちゃったので、実質ボクはあぐらをかいていたようなものでしたが、彼女の人望もありおかげさまでたくさんの人に集まってもらって、とっても盛り上がった、いい送別会ができました。
もちろん、ボクはウーロン茶とお冷やを飲みながらでしたが、楽しく参加しました。



これまでボクは、断酒中ではありますが、「飲み会には積極的に参加する」ということを信条にしていました。

松村語録かどこかの断酒カレンダーだったか詳細は忘れてしまいましたが、何かの標語に「断酒中はできれば飲み会は避けるべきである」みたいな言葉がありました。もしかすると「断酒初心者は」だったかもしれません。ボクは、この標語に少し反発を覚えていました。

断酒をすると決めているのに、飲み会から逃げ回っていて、それでいいのか。
本当に断酒をするつもりがあるのなら、お酒を飲むつもりがないのなら、飲み会に出ようが出まいが、それは関係ないのではないか。
断酒をすることで、友人とのコミュニケーションの機会を減らさなければならないなら、断酒なんてつまらないものになってしまうのではないか。

こうした考えから、ボクは、断酒をしながらも、誘われた飲み会は断らずに積極的に参加をする、そして誘われれば2次会でも3次会でも朝まででも付き合う(もちろんノンアルコールで)という姿勢で過ごしてきました。
そしてこれを「飲み会から逃げ回らない」という意味で、「攻めの断酒」と自称していました。

今にして思えば、断酒ということに対して少々イキがっているというか、強がっていたのかもしれません。



それが今回の送別会では、そういう強がりの角が取れたのか、なんだか寂しく、飲み会に参加していることが、むなしく感じられて仕方ありませんでした。
そして、とても楽しく盛り上がった会ではありましたが、「今日はこれで帰るわ」と言って1次会で帰ってきてしまったのです。



酒が欲しい、アルコールが飲みたい、という気持ちは1ミリもありませんが、みんなと一緒にお酒が飲めない、酔っぱらった感覚を共有できない、ということに、さびしさを覚えたのかもしれません。
以前「攻めの断酒」といって強がっていた自分がウソのようです。



今のボクには、誘われても、二つ返事で飲み会に出ていく気持ちがありません。
きっと何かしらの理由をこじつけて、欠席のお断りをしてしまうと思います。
その方が、なんだか、楽なのです。


これが、断酒に対して、姿勢として進歩した状態なのか、気持ちとして後退しているのか、それすらよくわからなくなっています。


ただできることは、今まで積み上げてきたものを壊さないように、守りながら、一歩ずつ前に進んでいくことだけです。



にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ 

↓読んでおもしろかったら「拍手」をお願いします! 
↑ランキングも励みになります!
よかったらご感想(コメント)もお寄せください。



スポンサーサイト



<< 自室の掃除で出てきたもの | ホーム | 大学の先輩(尊敬!) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム