プロフィール

letsdansh

Author:letsdansh
アルコール依存症になって、通院治療~2014年に2か月の入院治療、退院後もSLIPと断酒を繰り返しながら、何とか節酒でアルコールと付き合えないか模索しつつ、2017年に再入院して、節酒を断念しました。
今度こそ、断酒を敢行できるでしょうか。同じような悩みを抱えている皆さんと一緒に断酒に励んでいきたいと思っています。よろしくお願いします。

断酒日数

節酒はできませんでした。再断酒開始です。

最新コメント

最新記事

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

訪問アクセス数

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

エライ先生は融通が利くんです♪

さて、少し更新が止まっておりました。

そろそろ入院記ばっかりじゃなくて、
最近の現況なんかも書いていこうかなぁ。



前回は、若いお医者さんの融通の利かなさを
怒りに任せて書いておりましたが、

その2日後かな?

院長診察があったので、
ついでに聞いてみました。
(もう勝手に無許可外出して、必要な物資は買いそろえてたんですけどwww)

「生活必要品で買いたいものがあるんですが、
家族の面会も期待できないし、付き添いは来ないんです。
短時間で構わないので、買い物の外出許可をいただけませんか?」

Y院長先生 
「1時間ぐらいなら構わんやろ。
ただし、絶対に酒買って飲むなよ!」

まー、簡単にご許可をいただけました♪


別にすぐにいるものはなかったんですけど、
せっかくいただいた許可なんで、
看護師詰め所にちゃんと報告して、
買い物に出かけて、


お菓子や納豆、温泉卵なんかの副食を
どっさり買い込んできましたww




患者の困窮がちゃんとわかって、
こういう融通が利かないとダメですよ~

ねー、EMせんせーwww




にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ 

↓読んでおもしろかったら「拍手」をお願いします! 
↑ランキングも励みになります!
よかったらご感想(コメント)もお寄せください。

スポンサーサイト

融通のきかない医者!

入院してすぐのおはなし。

GS病院の入院規則では、
「入院患者さんの院外への外出は、入院して2週間後から許可されます。
それまでの入院して間もない患者さんについては、
家族等保護者の同伴がなければ外出はできません。」
というきまりがあります。

それはそれでわからないでもないです。

入院したての患者さん(要は飲酒欲求が強いであろうと思われる患者さん)については、
単独での外出は認めませんよー、
面会に来たご家族と一緒ならいいですけどねっ♪ 
ってことなんでしょうが、


ボクの場合は

家族にはアイソを尽かされて、
独りでのこのこやってきた自主入院です。


入院する前には自宅から、
とりあえず、要りそうなものを
テキトーにカバンに突っ込んで持っては来ましたが、
半酔っ払いがやってることですので、
トーゼンいろいろなものが足りません。



なんせGS病院には「売店」というものがありませんので、
外に出なきゃなんも買えないのです。



院内生活で必要最小限のもの、
おはし と コップ、は
看護師詰め所で売ってもらえましたが、


それ以外のものは、
ティッシュも、ハンガーも、
シャンプーも石けんも、
あかすりも、

なーんもありません。


実はそれに気が付いたときに
(たぶん入院3日目ぐらい)
規則なんてくそくらえと思って、
こっそり買い物をしようと町に向かったのですが、


なんと運悪く
病院を抜け出したとたんに、向こうからやってくる看護師さんに鉢合わせ!


「あら、LETSさん、まだ外出は禁止でしょ!」
ってなもんで、
見つかって怒られちゃいました。



そこでその看護師さんに、

「いやー、でも生活必要品で持ってきてないものがあって、
家族の面会も期待できないし、
困ってるんですよ~」 って相談してみたら、


看護師さん曰く
「診察の時に先生に相談してみなさいよ。
家族の同伴がなくても、短時間の買い物ぐらいだったら許可してくれるんじゃないかしら」
って言ってくれました♪




そこで、翌日の診察の時に
若い医師に

「入浴用品とかどうしても要るもので持参してきて無いものがあって、
ここは売店もないから買えなくて、
家族の面会も期待できそうにないので、
短時間でいいので買い物の外出許可をいただけませんか?」

ってお願いしてみたのですが、



そのこたえはなんと、ケンモホロロ。



「入院初期の患者は、家族の付き添いがないと外出は認めていないんですよ(キッパリ)」

だと。



いくら権限のない若い医者だとしても、
なんて融通が利かない答えなんだ。


こっちは自主入院なんだから、

外に出たからって、飲むはずなんか、ないじゃないか。

そんなこともわからないのか。



木で鼻をくくったような答えに、

ホントに失望しましたよ。




「短時間の買い物ならいいですよ」 とか、

自分の言葉に責任が持てなくてそれが言えないなら、

「じゃあ上の先生に聞いてみますね」 とか何とか言えんのか!



家族の付き添いの望むべくもないボクに
この先2週間、風呂に入ってもただ水浴びで済ませろというのか。


この青二才のヤブ医者のくそ医者~!!


と全身に怒りがみなぎりました。



融通が利かない、とか、頭が固い、
とかいう話じゃなくて、


まったく患者の視線になれない、
患者の気持ちのわからない、

サイテーの対応だとしか言いようがないですよ。

ああいう人が医者として、
この先大丈夫なのかなぁ。

言っちゃ悪いけど、
このドクターは、ホントに先行きの心配なお方です。






まぁ、こっちとしては、

そう言われたって

そんなこと聞いてられるか

ってなもんで、



今度は慎重に、

看護師さんがいないかよーっく見ながら、

こっそり買い物に出かけまして、


100均とドラッグストア、スーパーをはしごして

シャンプーとボディーソープ、
あかすり、ティッシュボックス、
ハンガー(クリーニング屋さんでくれる針金ハンガーを
お金を出して買うとは思いもよらなかったww)
などなど、


とりあえずいるものを、

たっぷり買い込んできましたとさ。




にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ 

↓読んでおもしろかったら「拍手」をお願いします! 
↑ランキングも励みになります!
よかったらご感想(コメント)もお寄せください。



規則正しい院内生活は、それはそれで大変③ 消灯‐就寝

入院生活で
とにかく困ったことは、



消灯時間の早いこと!


午後9時には消灯で、寝なければいけません。



これは、普通に社会生活をしてきた身からは
なかなか順応できなくて、

睡眠時間にはちょっと困りました。



まぁ、眠剤をもらって、
がっつり飲んじゃうのですが、


効き目が出るまでのタイムラグを見越して
8時半には夜食のスナック菓子をかじりながら
眠剤を服用。


9時に電気消されると、
眠剤がよく効いて、とりあえず眠りには落ちていきます。




でも、

遅くても2時ぐらい、
早い日は12時半ぐらいには目が覚めて、

それからちーーっとも眠れないのです。



4時ぐらいまで悶々としたりして、
明け方にすこーし とろとろっとして、

だいたい5時には再び目が覚める。



入院中は
そんな睡眠サイクルを
ずーっと 過ごしていました。



毎日の看護師さんの回診では

便の回数、食欲、睡眠の様子を聞かれるのですが、

いっつも、夜は眠れてないでーす って答えていました。




でもなんせ寝るのが9時だから、

1時に目が覚めたとしても4時間。

明け方に1時間ぐらいは寝てるし、




昼間もヒマな時間には

ついつい30分ぐらい
昼寝しちゃってるってことも多かったから、
(なんせ、セルシンを15㎎(朝昼晩5㎎ずつ)も飲まされていたもんで、
気を抜くとすぐ落ちるwww)


睡眠不足、って感じではなかったですけどね。





にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ 

↓読んでおもしろかったら「拍手」をお願いします! 
↑ランキングも励みになります!
よかったらご感想(コメント)もお寄せください。




規則正しい院内生活は、それはそれで大変② 入浴

院内生活のお風呂は

月・水・金 が男性 12:00~15:00
火・木・土 が女性 12:00~14:00

という決まった時間でした。

6人も入るといっぱいになる浴室でしたので、

空いてる時間帯を狙う、というのが
なかなか難しく、

ダッシュでお昼ご飯を食べて、
12時過ぎにすぐに行ったり、

自分の作業療法が午前中の日は
午後の作業療法の時間帯に行ったりしていました。



別の人だと思うんですけど、
前の入院の時にもいたのですが、

立派なクリカラモンモンの方がいて、
よくお風呂でブッキングしていました(笑)

あの人もダッシュでお昼食べてたんかなぁ。


二人っきりになることがあったら、
「もし聞いてもよかったら教えていただきたいんですが、
そのご立派な刺青は、お幾らぐらいするものなんですか?」

って、聞いてみようと思っていたんですが、

ついにそんなチャンスはないまま、
おそらくそちらの方が先に退院されてしまったのか、
顔を合わさなくなってしまいました。



にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ 

↓読んでおもしろかったら「拍手」をお願いします! 
↑ランキングも励みになります!
よかったらご感想(コメント)もお寄せください。





規則正しい院内生活は、それはそれで大変① 朝礼

院内生活は、朝のラジオ体操と朝礼が終わると、

3食の食事を中心に
回っていたような感じでした。

8時 朝食
12時 昼食
18時 夕食。

それの合間に何かがあったり、なかったり。

ラジオ体操と朝礼は、
基本的には出ること、なんでしょうが、
強制ではないので、
調子が悪い人、さぼったりしている人も ちょこちょこいましたね。


でも朝に体操をすると体がほぐれてすっきりするので、
ボクはほとんど欠かさず出ていました。


朝礼は、自治会長さんが司会をして進めますが、
朝のあいさつの後、
はじめに一同「瞑想」をして、
持ち回りの部屋長さんが、断酒の誓い(だったかな?)と、
今日の断酒標語(断酒カレンダー)を読み上げ、
それから断酒カレンダーを
全員で回し読み(一人ひとり朗読して一巡)します。

それから、今日の行事予定(大体そんなに変わらないけど)を確認して、解散です。


院内生活の朝は、

そんなスタートでした。




にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ 

↓読んでおもしろかったら「拍手」をお願いします! 
↑ランキングも励みになります!
よかったらご感想(コメント)もお寄せください。




GS病院の様子

定期受診の外来と
木曜例会(院内断酒会)などで
病院には時々は来ていたので、

病院の変わったところ(改装されたところ)や
変わらないところ(ちょっと懐かしいような風景)は見ていましたが、


入院してからの治療プログラムなど、
入院生活にも若干の変化がありました。

(以前の様子は過去ログを見てください)


入院していた日々の一日のスケジュールはこんな感じです。

0600 起床、点灯
0650 ラジオ体操
0700 朝礼
0800 朝食
1030 午前の作業療法(午前か午後のどちらかに振り分けられる)
1200 昼食
1330 午後の作業療法
(午前・午後に看護師の検温、様子の問診)
(週3-4回? 医師の診察を外来に行って受診)
1600 院内勉強会(月・木・金)
1800 夕食
1900 断酒例会(月・水・木・土)
2100 消灯・就寝

以前は、作業療法は午前中のプログラムで、
午後は代わりにレクリエーション(院外強歩、スポーツなど)
などがあったのですが、
プログラム的にはすこし縮小気味になったような印象でした。

これは、入院されている患者さんが
全体的にみると高齢化してきており、
院外レクリエーションをやっても参加者が少ない、
危険が多い、などの理由によるもののようでした。


そのほかの印象としては、
お世話になった病院の悪口をいうのは気が引けますが、

院内食は、確実に味が落ちたと思いましたね(笑)

前回の入院の時は「病院食にしてはおいしい」という印象を持ったものですが、

今回の入院では、

おんなじ食材ばっかり出るなあ、とか

味付けがいつも一緒だなぁ、とか、

なんでこんなものが出るんだろう?、とか、

食事に対する不満がありましたね。


同じ病室の人たちともそういう話題で盛り上がっていましたので、
これは客観的な評価と思っていいと思います。


病院も経費削減、経営上の問題等いろいろあるんでしょうね。





にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ 

↓読んでおもしろかったら「拍手」をお願いします! 
↑ランキングも励みになります!
よかったらご感想(コメント)もお寄せください。






相部屋のみなさん

同室になったみなさんが、
基本的にはいい人ばかりで、

おかげで
入院期間を
気持ちよく過ごすことができました。


一人ひとりをちょっと振り返ってみるとー・・・



TNGさん
60代後半~ぐらいの人かなぁ。
この人だけは変わり者で、ちょっと困った人でした。

なぜか自治会長をしていて(立候補したのか??)

それでも朝礼の司会とかちゃんとできなくて
周りの人が目いっぱいフォローしてて、
なんだか不思議な人でした。

ボク個人に対しての敵愾心はなかったと思うのですが、
夜中に大声を出したり、
奇行が目立っているなぁと思ったら、
そのうちに
病院から強制退院させられちゃいました。

その時も大暴れして、
警察官が来たり、
なかなかにぎやかに退院していきましたねーwww

アル中もあるんでしょうが、
ちょっと統合失調症が入ってるような感じの人でした。

どこか、
本格的な精神科に転院させられてのかなーと思っています。


OKMさん
唯一ボクよりお若い方で、40代前半ぐらいかな。

アルコール依存で入っていて、
ボクより前からいて、ボクが先に退院になったので
すこし依存症の度合いが重い人だったのかもしれません。

気のいい人で、一日中スマホを見ていて、
時事ニュースをいろいろと教えてくれる人でした。


NKGさん
70代半ばの方。
この方は、以前は10数年間もの間、
とある断酒会の会長さんもやられたことのある
長い断酒経験も持っている、という方でした。

断酒歴は長いんですけど、
70になったからもういいか、と思ってまた飲み始めたそうで、
その結果やっぱり入院になっているようでしたので、

アルコールで壊れた脳は何年断酒してても治らない、
ということなんでしょうかねー。

でも肝臓に障害があって(たぶん肝がん)
療養入院の様相を呈している感もありましたので、
依存症で入院ではなかったのかもしれないけど。

断酒会の会長さん歴のある方から
いろんなお話が聞けたのは
勉強になりました。


TMRさん

この方は穏やかな(無口な)人で、
一日中詰将棋を解いている人でした。

でもそんな人が、
外泊の時に友だちを訪ねて行って
連続飲酒に落ちいっているのを見つけて
連れてきて入院させたりしていたので、

人は見かけによらないなー 
と感心させられたりしました。

ボクのことも、
火曜日の断酒会の談話会
に誘ってくれたりして、
意外な一面を見せてくれました。

火曜日の断酒会談話会って
通常の断酒例会と違って
酒害体験発表じゃなくって、ただおしゃべりする時間なので、
あんまり出る気にならなかったんですが、
でも最後に1回ぐらい出ようかなーと思っていて
出るか出ないか逡巡していたら、
TMRさんが声をかけてくれて、一緒に連れて行ってくれました。

無口だけど いい人でした。





にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ 

↓読んでおもしろかったら「拍手」をお願いします! 
↑ランキングも励みになります!
よかったらご感想(コメント)もお寄せください。




入院時の記憶

さて、ファミマの駐車場で
チューハイを一気飲みしたところまでは
鮮明に覚えてるんですが、


入院をしに病院に行ったときのこととか、

入院してから数日間の記憶っていうのが、

なんとなくぼんやりとあいまいで、

あんまりよく覚えていません(困)



入院時の診察で、
主治医のY院長に

「いよいよダメになったか(笑)」

って 言われたのや、


CTをとったのかなぁ、とか

点滴(ブドウ糖液+キョーミノ?)をされたのは、



なんとなく覚えてるんですが、



そして、
はじめの何日かは、
個室に入れられたりしてたと思うんですが、


よく憶えていません。




仲の良かった看護師さんからも、

「Letsdanshさん、入ってきたときは様子がおかしかったもんwww
動画に撮っておいて見せてあげればよかったwww」

なんて笑われちゃうぐらいでした。



ちゃんとした記憶が出てくるのは、

2-3日して、

大部屋に移されてから のことですね。



今回は6人部屋の、
真ん中のベッドで
はじめはちょっとやだなぁと思ったんですが、



同室の人たちとなじんだら、


すぐに慣れて、過ごしやすくなりました。




にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ 

↓読んでおもしろかったら「拍手」をお願いします! 
↑ランキングも励みになります!
よかったらご感想(コメント)もお寄せください。





| ホーム |


 ホーム  » 次のページ